青葉区は子育て世代からも人気!一戸建ても手頃で暮らしやすい!

仙台市青葉区は人気のエリアですが、新築一戸建てでも70~80坪で3700~4200万円。価格は落ち着いているので、地盤や耐震性などをじっくり比較検討すべきです。

青葉区の一戸建てを売却します。売り時・タイミングはいつ?

仙台市青葉区に限らず、不動産売却は地価の変動がすべてではありません。

査定時のギャップに落胆しないよう、一戸建ての老朽具合を含め、自己診断しておきましょう。

■売主として最低限の把握はネットで済ませておく。

不動産の売却を考える場合、「地価が上昇しているタイミングでできるだけ高く売りたい」と考えるものですが、売却の事前準備として、自分でできることは済ませておきましょう。

たとえば青葉区の一戸建てでも、最寄り駅からの距離や周辺の生活施設の充実度によって、売却価格に差が生まれます。

これらはネットを使えば簡単に調べられるので、交渉前に自分で把握しておきましょう。

■タイミングを考えるのは自己診断を終えてから。

仙台市青葉区は、ここ数年の地価に大きな変動がなく落ち着いています。

売主としては儲けが少なく面白くないでしょうが、相場が安定しているので地価の上昇がないかわりに急落もありません。

タイミングを苦慮する必要はないでしょう。

ところで青葉区の売却物件について、査定前の自己診断はお済みでしょうか。

一戸建ては築年数や傷み具合で査定額が大きく異なるので、事前に目視でチェックしておくべきです。

■人気の青葉区であっても、「タイミング良く高く売りたい」というだけでは売主失格です。

物件の強み・弱みは自己診断しておきましょう。

一戸建てを高く売るためには地価の上昇だけではなく、建物の状態を把握し、強み・弱みを自分で把握しておく必要があります。

査定時や交渉時にあわてないためです。

あえて売りのタイミングを言うなら、そうした自己チェックが終わったとき。

地価の上昇は当面起きそうにありません。

青葉区の一戸建てを売却します。売り時・タイミングはいつ? はコメントを受け付けていません。