青葉区は子育て世代からも人気!一戸建ても手頃で暮らしやすい!

仙台市青葉区は人気のエリアですが、新築一戸建てでも70~80坪で3700~4200万円。価格は落ち着いているので、地盤や耐震性などをじっくり比較検討すべきです。

青葉区の建売一戸建ては、土地面積で30~50坪しかないの?

仙台市青葉区の建売一戸建て住宅や中古の一戸建ては、70~80坪も多くあります。

「職住近接」で単身赴任者の人気ランキングでも上位。

庭付きのマイホームが手頃な価格で手に入ります。

■青葉区には70~80坪の一戸建てがある。

東京や首都圏の新築一戸建てでは考えられないことですが、青葉区には土地面積にして70~80坪という中古・新築の一戸建てが数多くあります。

もちろん青葉区にも50坪の土地面積の建売一戸建てはありますが、さすがに30坪というのはありません。

それだけ環境に余裕があるということです。

■単身赴任先ベスト3常連、その理由とは?

もともと仙台市は単身赴任の人たちからの人気が高く、ある不動産会社のリサーチでは、赴任先の人気ランキングでトップ3の座を獲得しています。

これは何を意味しているかというと“職住近接”で、仕事するにも遊ぶにも、不便を感じない便利な街ということです。

職場・繁華街から15分も歩けば、社宅に着けるというのが魅力です。

青葉区もそのような環境を有していますから、そこに50坪~80坪の一戸建てをもてるのであれば、夢のような話です。

■仙台市青葉区で売り出されている一戸建ては、土地面積にして50坪~80坪。

東京では夢のようなマイホームです。

最近では環境を優先しての移住者が増えています。

東京は便利ですがとくに子育て世代には適していません。

「一戸建てなんて庭がないのが当たり前」、「50坪なんてとんでもない」。

これでは健やかに伸び伸びと暮らしていけるわけがありません。

仙台市青葉区のマイホームは移住先としても高い価値があります。

青葉区の建売一戸建ては、土地面積で30~50坪しかないの? はコメントを受け付けていません。

青葉区で新築一戸建てを探しています。平均的な価格は?

仙台市青葉区は人気のあるエリアで、新築一戸建ての物件が多く売り出されています。

価格は落ち着いているので、じっくり比較検討して決めましょう。

■70坪~80坪で3700万円~4200万円が1つの目安。

仙台市青葉区の新築一戸建ての平均的な価格は、土地面積が244.4m2~286.98m2(73.93坪~86.81坪)の事例で3700万円~4200万円となっており、おおむねこの範囲で考えておけば購入費用の算出は可能と考えられます。

また青葉区界隈は、この数年、地価の上下動に激しい動きはなく、落ち着いた相場を形成しています。

造成地によっては土地の坪数が50坪を下回る物件もあります。

■購入に際しては、地盤と耐震性のチェックが何より大事。

新築一戸建てを購入する際は、①地盤(軟弱、液状化の可能性)、②建物の耐震性(筋交い、基礎)が重要なポイントになります。

平均的な価格は落ち着いているものの、地盤や建物の耐震性が不十分な物件では、購入後数年でトラブルが発生する可能性があります。

青葉区だけに限った話ではありませんが、購入には慎重を期しましょう。

■青葉区は地価に大きな変動がないため、上物を含めてじっくりと比較検討できます。

掘り出し物だと思い込まず、時間をかけましょう。

一戸建てに限らず、不動産の購入では目の前にある物件を「掘り出し物だ」と思い込んで即断即決する事例が相次いでいます。

これを逃したら後がないかも知れないと思い込むのは危険。

少なくても青葉区内の複数の物件を見て回りましょう。

青葉区で新築一戸建てを探しています。平均的な価格は? はコメントを受け付けていません。