不動産担保ローンで必要なもの

不動産担保ローンをしようかどうか悩んでいる方の中には「手続きが面倒くさそう、必要書類が多そう」というマイナスイメージを持っている方もたくさんいらっしゃいます。

個人の方なら一生にそう何度も不動産担保ローンを利用することは無いと思いますが、どのような書類が必要で、どのような流れで融資実行まで行うのか確認しておきましょう。

取引する銀行や不動産物件により必要書類は様々ですが、次のような書類が必要になることがありますのでご確認ください。

まずは、不動産関連の書類になります。

不動産登記簿謄本・物件案内図・登記事項証明書・公図・建物図面・地積測量図、これらの書類は法務局などで入手できます。

市役所関係書類として前年度の固定資産税納税証明書または通知書・固定資産税評価証明書・建築確認通知書なども必要です。

さらに本人確認の為の免許証・保険証はもちろん借入金があるようならば借入金返済予定表・償還予定表・借入金残高証明書、外国人の方の場合外国人登録原票記載事項証明書などです。

不動産物件がアパートなどの物件の場合、賃貸借契約書や重要事項説明書などのコピーが必要です。

このように必要書類だけみると大変な感じもしますが、金利が安かったり融資が確実に受けられる等メリットも多いローンなのでその辺りを勘案して準備されてください。

必要書類が揃えば銀行等で審査を行い、審査を通れば契約をして融資実行となるのが一般的な流れです。